女性の薄毛トラブルの原因って?

まず、私がはじめたのは、薄毛の原因を探ることでした。 男性の薄毛は遺伝や病気など、様々ありますが、どうやら女性の髪の毛は、その原因ではないようです。

じゃあ、なぜ...?
遺伝的な原因は男性ほど強くなく、どうやら「ホルモンバランスの乱れ」が薄毛に大きな影響を与えるのだそうです。 ホルモンバランスの乱れというはすなわち女性ホルモンが少なくなるということ。私のように30〜40代の女性は、更年期を目前に控えており、すこしずつホルモンバランスが崩れはじめています。
それがどうやら、頭皮にも影響を与え、髪の毛が細くなったり、白髪になったり、そして抜け毛が増えたり...というトラブルを引き起こすのだそう。

また、ストレスや偏食、ダイエット、そして過度のヘアケアも良くない影響を与えます。
髪の毛は、体の中でも最も速いスピードで成長する細胞です。毛根部では猛スピードで細胞分裂が繰り返され、1日に0.4ミリ、1ヶ月で約1センチも伸びています。

しかし、その分、栄養も必要としているわけですから、ダイエットや偏食などによって栄養補給が十分に行われなくなると、すぐにダメージとして現れてしまいます。 30代を過ぎると、私のようにアンチエイジングを意識しはじめる方も多いでしょう。

毎日のヘアケアにも注意!

特に薄毛や脱毛に悩む方は「地肌ケア」などをうたった製品に心惹かれがちになりますよね! ただ闇雲に、いろんな製品を使いすぎるとそれもダメージになってしまうのだそうです。また、年齢を重ねるにつれて、適切なケアをする必要性は上がってきます。

ヘアケアで大切なのは、シャンプー後の洗いっぱなしをやめて、必ずトリートメントをすること、育毛剤を使うことです。 更年期に近づくに連れ、頭皮の脂分が失われ、頭皮の健康度が下がってきてしまうため、適切にケアして行くことが大切なのです。 特に育毛剤は、薄毛や抜け毛を予防する効果もあるので、まだ悩むほどでもない方も、ぜひ使ってみてください。